2006年11月14日

換装システム

ぐだぐだになってしまっていたオデュッセウスガンダム⇔ペーネロペーの換装システムを実装。

RX104&FF.JPG
大体このような感じに分かれている。フロントアーマー、背中のアーム、ふくらはぎ外側は差し替え式。

オデュッセウスガンダム単体
odufront.JPGodurear.JPG

見ての通りGFFよりゴツい。

※メインカメラの色が変とか腕のパーツの裏にモールドが無いとかは主に気力の問題です。っていうか勘弁してくれ。





posted by 16k at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

1/100 ペーネロペー

できた。暫く何もしたくない。

pnfront.JPGpnrear.JPG

カラーレシピ:ガイアノーツ ピュアホワイト
         〃    黄橙色
       Mr.カラー モンザレッド
         〃   RLM65ライトブルー
       ガンダムカラー ブルー3贈
         〃     グレー24

       ※トサカ?のセンサーはシルバーの上にクリアブルー

このツーショットが1/100で見たかった・・・。可動範囲は見た目通り無きに等しく、付いている属置の関係上サーベルも構えにくい。ベースなどで飛行ポーズをとらせたいが・・・この重量を支えられるベースなんてあるんだろうか。

senkou.JPG

第一世代型との比較。恐竜的進化って恐ろしい・・・フレームアウトしてるしw

sinchou.JPG
posted by 16k at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

表面処理中

思ったほど傷は酷くなかった。残すは腕とトサカのみ。それが終わればやっと塗装に入れる。

pn17.JPG

見つけた。

fullaction.JPG

オージェに関してはあまり手間がかからないような気がするが、エルガイムは相当いじり甲斐がありそうだ・・・前半の作画を元にしてみようか。
posted by 16k at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

形出し完了

後は適当にバーニア貼って溝彫って色塗って、最後に胸部に透明プラ板で蓋をするだけ(と言ってもそれが大変だったりするわけだが・・・傷だらけだし・・・)。

pn15.JPGpn16.JPG

近くのボークスへ行ったらレッドミラージュ インフェルノナパームが展示してあった。あれ作るの悪夢だろうな・・・半透明だし。

けよりなアニメ版・・・  女将を呼べ!!
posted by 16k at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月19日

プラ板だらけ 完成度85%・・・?

薄手のパーツを切り出して貼ってみる。何か完成に近づいた気がする。そこで設定画を見てデティールの多さに肩部で一回、胸部で一回、脚部で一回、計三回ちょっとだけ絶望した。

pn14.JPG

あ゛ー眠い・・・さっさと寝よう。
posted by 16k at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

じりじりと作業中

細かいところに手を付け始める。モノアイどうくっつけようかな・・・
プロポーションとしては、見ての通りGUNDAM WEPONS ニュージェネレーション編の巻末にあったGジェネF用の設定画を元にしている。大体そんな感じになっている・・・と思う。

pn11.JPGpn12.JPG

こないだワンダーキッドの1/100ターンXを手に入れた。二年前に一目惚れして以来探していたので、感動も一入だった。
 
しかし、BS-iのKanon・・・祐一まんまキョンじゃねえか・・・だがそれがいい。無敵看板娘が1クールで終わりとは・・・辻も権藤さんも出番無しかい・・・。

あーぁ、センチネル映像化しねえかなー
posted by 16k at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

がお

ちょっとだけ進んだのでリアビュー公開。小説版ほどではないにしても、十分に怪獣だ。
pn9.JPG

倍ほどある・・・そうか、20年経つとこうなるのか!(違)
pn10.JPG
posted by 16k at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月30日

80%

大体の形ができた。ビームキャノンはレジン角棒を貼り合わせたもの。
この時点で全高31p。メッサーラを超えた・・・。

pn8.JPG
posted by 16k at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

鶏冠・・・のようなもの

ラインのつながりが凄く分かりにくい。どうなってんだこれ・・・
取り敢えず、読み取れるラインを元に大まかに削りだす。

こんな感じ・・・か? 何のために付いてんだろ・・・これ?

pn7.JPG
posted by 16k at 15:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

完成度60%

フロントアーマーを整形しバックパックの基部を作る。オデュッセウスの背中にグリスを塗り、その上からエポパテを盛って先に作っておいたパーツをくっつける。その基部に取り敢えずパーツを乗せてみたところ。

・・・あれ? 結構いいんじゃね? 

pn5.JPGpn6.JPG
posted by 16k at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月16日

フライトユニット完成度40%

肩パーツを3oプラボードから切り出して真鍮線で組む。
何でも、設定上オデュッセウスからペーネロペーになるとき、手足が横にスライドして機体の幅が広がるらしいのだが、腕はプラボードの分広がるからいいとして、足は考えるだけで脳が痛ぇのでそのままに・・・。

後はバックパックと腰部の接続、胸部の接続を考えねばならない・・・本体にあんまり穴開けたくないしな・・・。

pn3.JPG

1/100Ξ及び一般的MSとのサイズ比較・・・でかっ!!

pn4.JPG
posted by 16k at 15:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月12日

フライトユニット完成度 20%

ふくらはぎの突起物と上げ底ができた。曲面が多いため、パテの消費量が凄い・・・。胸部とフロントアーマーを取り付けてみたところ、バランスは丁度いいような気がする。正直、確信が持てない。
この時点でΞより頭一つ分大きいので、最終的な全高は30p程・・・化け物め(褒め言葉)・・・。

pn2.JPG
posted by 16k at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月02日

下のほうから製作中・・・

ソール部分はポリ軸でも挿すとして、足の横の部分・・・どうくっつけるんだ・・・折角中の人作ったのに接着して換装無しって訳にはいかないからな。

だが、こんなこともあろうかと用意しておいた差し替え用のふくらはぎパーツを取り付けることで解決。パテで貼り付けただけなので、下から覗き込むとえらいことになっている・・・削ったり目隠しで何とかしよう。

そして、合間に買ってきたチョコボールをあけると・・・何と銀のエンゼルが!!縁起いいな〜見たの数年ぶりだよ〜。

この調子で進めばいいのだが・・・。

posted by 16k at 01:02| Comment(1) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

ちょっと合わせてみよう・・・

バックパックを作ってないのでスカスカだが、突起物を全部付けるとこんな感じか・・・。

さて、どこをどう弄ったものやら・・・取り敢えず、やはり肩パーツは短縮だな・・・さて、出来るまでにエポパテ何箱使うだろう・・・

pn1.JPG
posted by 16k at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

中の人 其の伍

以前作ったコトブキヤのジェネシックの余ったポリパーツを使い、足の横から出ている輝彩滑刀のようなパーツをくっつける。

因みにこのパーツは、エバーグリーンの角パイプ、筋彫りプラ板、5oレジン角棒、エポパテからできている。
※黒いものは隙間ではなく、ウェーブの黒い瞬着。

しかし、エバーグリーンのプラ材は割と値が張るな・・・輸入品だからか・・・?

odu8.JPG
posted by 16k at 20:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

中の人 W

角を付けてみる。この時点で以前作ったクスィーと大体頭頂高が同じなので(同じνのフレームを使っているので当然だが)相対的な大きさとしては正しいようだ。

odu7.JPG
posted by 16k at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月26日

中の人3

大分形ができた。足の横から出ている突起物は、プラ角棒から削り出す予定。

odu5.JPGodu6.JPG
posted by 16k at 13:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月22日

中の人 其の弐

足回りにパテを盛って成形。ふくらはぎのスラスターどうしよう・・・
ペーネロペーユニットを付ける事を考えると、ボリュームとしてはこの位がいい・・・のか?

odu3.JPGodu4.JPG
posted by 16k at 02:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

中の人

前回同様ほとんど流用パーツの塊。MGνのフレームはやダイキャストのパーツやビス止め関節使用で頑丈なので、大型モデルを作るには丁度いい。

odu 1.JPGodu 2.JPG


これの正式名称が「オデュッセウスガンダム」だって知ってる人、結構少ないんだよな・・・
posted by 16k at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

やっと・・・

次のMSのパーツを作りはじめた。そのうち公開予定。
何というか、「毒食らわば皿まで」的な心境だった。

皿のほうがはるかに毒だったが・・・。

posted by 16k at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーネロペー製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。