2008年12月09日

変形解説

愛機のデジカメが逝ってしまったため、人から借りてきて撮った。固定焦点だし暗いし色は飛ぶし・・・かなり撮り直したが改善しなかったため泣く泣くこのまま載せることに・・・

17360216_63362806.jpg17360216_752189905.jpg

隠し武器その1。勿論両形態で展開⇔収納可能。

17360216_441060210.jpg17360216_2477822404.jpg

開くと盾、閉じると垂直尾翼。盾状態の形状をサザビーの盾っぽく。

17360216_593200852.jpg

どうしてもピントが合わない腕。漫画と全く同じ変形。

17360216_1107349697.jpg

脚。WR時にYF-19っぽい形状になるよう調整。爪先が動くだけ。

17360216_1484430062.jpg

アームが7重関節となっているフライングアーマー。殆どZなので見た目より軽い。左がWR時、右がMS時の状態。

17360216_3478034138.jpg17360216_1927136959.jpg

WR時胴体のみ。だからなぜピンt(ry
それっぽい位置にある棒に手足等が付く。

17360216_2589828014.jpg17360216_3719736823.jpg

尻尾と翼を取った状態。胴の細さが際立つ。WR時、この腰のくびれに肩アーマーが収納される。

17360216_4107869696.jpg17360216_2381125344.jpg

隠し武器その2、腕ビーム砲。腕から3〜4mmせり上がる。

17360216_4132921036.jpg

頭部カバーのみ。これもピントが・・・コトブキヤのポリパーツを駆使して胴体に取り付けてある。

17360216_4223157059.jpg

「機体が・・・動かない!?」

17360216_1835243581.jpg17360216_1841723267.jpg17360216_2030974439.jpg17360216_3273628857.jpg17360216_3516273012.jpg

下巻メインビジュアル。







posted by 16k at 20:58| Comment(4) | TrackBack(0) | Zプルトニウス製作記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初書き込みです。
プルトニウスとはまた懐かしいですねw
それとあのよく分からないWR形態を再現する腕前に脱帽です。

ほんと、プラモ屋で売ってても違和感無いですよ。すごい欲しいww4ヶ月間お疲れした!
Posted by トシアキ at 2008年12月10日 23:45
コメントありがとうございます。

製作は4ヶ月で済みましたが、その前に2ヶ月くらい機構設計してたので実際は半年くらいかかってますw

MGZプラス、MGSガンダム、MGZガンダムVer2.0を潰す勇気があれば作れますw
Posted by 16k at 2008年12月12日 17:49
 すごい!ほんとにプルトニウスですね。わたくし、この最後のゼータガンダムが大好きなのです。プルトニウスの立体が見られて、眼福です。
 ユニコーンの出現で本格的に黒歴史化してますし、もうこういう作例は現れないかもしれませんね。とても貴重だと思います。

Posted by とよたま at 2009年02月26日 16:58
お褒め頂きありがとうございます。

私は「マイナー」、「幻」、「黒歴史」などといった冠詞がつくものが大好きですw

折角同じ時代設定なんですから、ユニコーンにチラッと出てもいいですよね〜
Posted by 16k at 2009年03月07日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110973864

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。